アンティーク・トランジスタラジオ SONY ICF-5500

オーディオの整備を昨年から検討していましたが脱線してしまいました笑 色々と昔のプリメインアンプとか見てたのですが、いいもの見つからず。息抜きにラジオなんぞを検索していたら沸々と幼少の頃の思い出が・・・

東京に来て何度となく引越。そのタイミングで少年の頃にはまっていたBCLラジオを持っていたのですがなぜか紛失。レコードもたくさん処分するおかしな神経の時に一緒に廃棄したのかもしれません。それを随分悔やんでいたので昭和時代のラジオが欲しかったんです。

自分の持っていた機種より古いものがなぜか凄くカッコよく惹かれてしまい、もうたまらなくなり購入しました。自分の中にまだ少年のような輝いたワクワク感があったなんて笑。


シンプルな筐体に詰まるメカニカルなデザイン。

無線機のようなアナログダイヤル。ブラックを基調としシルバーのパーツで引き締まるボディ。そうSONY ICF-5500です。

1973年生まれのこのラジオ、もう50年も前のもの。オーナーが大切に取り扱いしていたのか、もしくは間でメンテナンスされていたのか不明ですが普通に音が出て、更に美しい筐体。おそらくコンデンサーも劣化し当時の感度も期待できないかもしれません。でもつまみ関係にガリもなく音が出ること自体に感動です。

巻き上げフィルムを見ながらダイヤルを回し、ノイズを辿りながら周波数を合わせていく作業。この所作が全て自分のアナログな性格にピタッと合うんです。そして少年の頃、友達と外部アンテナを取り付けたりベリカードなるものを集めたりしていたBCLの頃を思い出してしまいました。


今やスマホでradikoのアプリにて気軽にラジオが聞ける時代。全く真逆な楽しみ方ですが、古いトランジスタラジオを聴くってレコードに針を落として聴くことと似てませんか?

夜長にCDを聴くことが日課になっていましたが、これからラジオの出番が多くなりそうです。

Author: hiroo

2 thoughts on “アンティーク・トランジスタラジオ SONY ICF-5500

  1. まさかの大脱線ですね(笑)
    自分も初めての趣味がBCLだったので短波ラジオは憧れでした。
    皆が使っていたトランジスターラジオが欲しかったんですが、父がアマチュア無線をやっていた関係で
    買ってもらえず、お下がりの受信機(なんと真空管ラジオ)を使っていました。20㎏くらいあるヘビー級で、
    高級機らしいのですが真空管の特性でとにかく温まるまで安定しない、30分くらいダメでしたかねえ。
    安い電線買ってきて屋根の上にアンテナ張ったり色々楽しかったですが、いつの間にか海外放送でヒット曲を
    聞くことが多くなりBCLも廃れてきて短波ラジオを買う事はありませんでした。
    てっきり人気だったICF-5900かと思ったら5500!!見たこともないです。ちゃんと鳴るなんて素敵ですね。

    1. 脱線してしまいました😆
      20kgもある真空管ラジオ、それはヘビー級ですね。昔のプリメインアンプでそれくらいありますがラジオでそんなにあるとは。
      真空管なので音とか良かったのでは。
      ICF-5900を紛失しまして、もちろんリバイバルしたい気持ちもあるのですがこのICF-5500はずっと閲覧していたらデザインに一目惚れです。小さいのに存在感あって。おそらく今のラジオ程使えないと思います笑 さらに住んでる集合住宅がでかい鉄筋使ってるのか電波環境めっちゃ悪いです。短波なんて聞けたもんでないです。でも雰囲気を楽しむもんなのでこれはこれで出会えて良かったかなと。色々物色していると他のラジオも気になってきました笑 当分、プリメインアンプよりラジオ収集に走りそうで怖いです汗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。