Kashif / Kashif (1989)

令和初日は雨模様です。いや朝は晴れたかな。さてこの時代、何かが変わるのでしょうか。変えていかないといけないことも多々あるような。個人的にも社会的にも。

きょうはKashif。何気に亡くなったのはショックであった。まだまだ裏方でも仕事ができたのに、59歳、この世から去るのは若過ぎる。
このアルバムは89年作、Evelyn “Champagne” KingやGeorge Bensonらを製作していた頃のアーリー80’sに比べると得意のNYサウンドは時代にそぐわなくなったが、その分もうひとつの得意とするとろけるようなバラッドづくりに焦点を絞るとまだまだ存在感はあった。

このアルバムで一番好きなナンバーはAfter You。Guinnの女性ボーカリストLori Fultonをコーラスに迎えたこのナンバー、起用が功を奏し見事に甘いミッドに仕上がっている。

Four Topsの72年にヒットしたシングル、 Ain’t No Woman (Like The One I’ve Got)をカバーしたのも面白いアプローチ。ニュージャックを意識したPersonalityもいいけど、やはりLove Letter Out Loudのようなブラコン真っ芯なバラッドがこのひとの魅力。

脱線するが、昔、兵庫の六甲道にKashifというBarがあったらしいのだが、行ったこともないしいつの間にか閉店していて非常に残念。どんな店やったんやろなぁ。

Author: hiroo

4 thoughts on “Kashif / Kashif (1989)

  1. アルバム、全然揃っていませんが、このアルバムと”Love Changes”は間違いなく持っております。80年代に、シンガー&プロデューサーとして全盛期を迎えて、残念ながら、90年代は失速してしまったあたりに、80年代が青春(笑)だった自分は、その後も生き残った童顔氏あたりよりも、シンパシーを感じるところありますね。
    そういや、自分の記事用に、Tavaresのことを調べていたら、81年のアルバム”Loveline”にソングライターとして参加していたんですね。ノーチェックでした。

  2. After Youはかなり好きでよく聞いていたハズなんですが、イントロとか全然覚えがなく、
    別ヴァージョン?とか思ってしまいました。
    この女性ヴォーカルいいですよねえ。有名な方だったんですね。

  3. makiさん
    Kashifは80’s初期の仕事が完璧過ぎて、後のこのあたりの時代は生かすにも生かせないジレンマはあったと思いますね。いまなら日本でもT-Groove氏を筆頭にダンスクラシックスがリバイバルなので、必ず注目されるひとだと思います。まあ残念ですねぇ亡くなったのは。
    Tavaresはいい作品は多いのに、あまり人気がないのがおかしなグループです。Lovelineは最高ですね。Manhattans/Forever By Your SideもKashif作品でグループものの定番ですね。

  4. DEさん
    あまり記憶がないのですが、ちょうどCDがLPに変わって発売されるようになって買い集めだしたブラコンアルバムだったと思います。フレディジャクソンとか。
    初期のLPは後から買い足しましたねぇ。ブラック遅咲きだから仕方ないですw
    Lori Fultonは特にGUINNに思い入れがなかったので、自分も調べるまでスルーでした。Kashifくらいの方なら何らかの繋がりが多方面にあるのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。