Rodney Mannsfield / Love In A Serious Way

rodney

10月の忙しさを終え、なんだかやる気も半減です。業務に対する意気込み、ずっとテンション維持するのって大変。自己啓発本とか読めばええんでしょうかw
その分、週末はどうしようかと遊ぶことを先に考えることが多くなってます。2週連続でイベントに行ってきました。今週も行くつもりなので3週連続を目指しますw
寒くなったら身体を動かしたくなるんです。それもあるかな。
Dance Classicsは心を癒やしてくれます。

さて、きょうはRodney Mannsfield。このアルバムって取り上げてなかったようです。過去ブログで上げてたんかな。
自分には定番中の定番アルバム。なにせプロデューサーはMichael J.Powell、悪い訳がないです。デビューのChapter8、自身のアルバムは適度に済ませ、その後のプロデュース業に本領発揮でした。元メンバーのAnita BakerはもちろんのことPeabo Bryson,Karyn White,Vesta,90年になってもGuesss,Gerald Alstonなどなど、プロデュース業もしかり、もともとマルチプレイヤーなのでセッションも多かったようです。
93年リリースの本作は、ニュージャック以降のアルバムとしてはなんともブラコン色の濃い内容、さすがMichael J.Powellの息がかかるとアダルトでアーバン(同じかwww)なナンバー揃い。

肝心のボーカルはどうでしょう。Rodneyは張り上げる程の声域を持ち合わせていません。悪く言えばこもりがちな声なのですが、James Ingramに似た雄叫びがあるので、感情表現は素晴らしいものがあります。

制作陣も息をのむ布陣、Garry Glenn,Terry Steele,Gary Taylor,Paul Laurenceと名高いライターがクレジットに刻まれています。
わたしが好きなのは#1~#3とベーシストSam Simsの#7,Gary Taylorの#8。ワイン片手に窓際から高層ビルの光を見つめながら聴くと自分に酔えますよw

[youtube=http://www.youtube.com/watch?v=Ai-dG-6JrFg&w=420&h=315]

Author: hiroo

7 thoughts on “Rodney Mannsfield / Love In A Serious Way

  1. これ、数年前にくれましたね。ブックオフ250円コーナーは、カブっても買っちゃいます(で、他人にあげちゃうw)。 案外そういう部分で商売になっているのかもww  いやしかし、土曜日はありがとうございました!絶対「一ヶ月間違えて来たんだよ、この人!」と思ったんだけど、判って来てくれて嬉しいですw レッツ・グルーブで踊るhirooさん、中々見れないですねwww

  2. Bro.末廣 殿
    おつかれさまでした。
    いやいやほんま間違ってないんですw
    そういえば末廣さんイベントやってんのに、全然参加してないな~って。
    PA前で爆音楽しませていただきました。アースでももちろん踊りましたでw
    さすが六本木、外人客もチラホラで盛り上がっていましたね。
    最近ブックオフもおーっと救出したくなる盤が少なくなりましたですね。もちろんKeith WashingtonやGerald Alstonがあればゲットすることが多いです。この前も神戸のバーでカウンタの隣になった青年にお渡しいたしましたwww

  3. バック・ヴォーカルがまたいいですね。Perriあたりだろうか?
    ピアノの雰囲気がまたたまりませんな。あの頃を思い出します。

  4. お返事遅くなり申し訳ありません。
    Rodneyの実力よりもMichael J Powellの手腕が際立っているアルバムですね。
    どのライターのナンバーも彼の色に染まっているのが凄いです。
    Rodneyのその後のアルバムも、まあいいんですが、楽曲はこのアルバムには及びません。

  5. よろしおまんな〜 10年振りに聴きました!
    グレン・ジョーンズとかもそうですが、90年代のブラコン系ってヤミに生音感が増してて、チープさも無くって良いですね。

  6. ezeeはん
    まいどです。
    10年ぶりですかw
    わたしも10年くらい眠ってるCDや15年くらい眠ってるLPなどあるなぁ。
    聴くきっかけがないっていうか、眠ってるやつって思い入れの順番が後なのかなぁ。
    FMなんかで流れたら、あ、また聴いてみよってなるんですけどね。
    Glenn Jonesもええですね~。デビュー当時のアルバムはまた違ったファンクアルバムとして好きなんですが、90年代はバラッドに重きをおいて、聴かせるアルバムづくりになりましたですね。

Hiroo (@smooth_jam) へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。