Cashmere / Let The Music Turn You On

cashmere_1

70年代のスウィートコーラスグループ”Heaven & Earth”に在籍したDwight Dukesが80年代初期にユニットを組んだのがCashmere。
これはその1stアルバム。
一般的には2nd(後のCDタイトルCan I)が好評価だが、私的にはこちら。

なんといってもNick MartinelliとBreakwaterのKae Williams製作の”Light Of Love”につきる。完璧なブライトダンサーで、足腰が弱っていなければ俺もこれで踊りまくりたい程の吸引力だ(笑
マイケルがブレイクした後だからのか、Dwightの歌い口がマイケル極似で鼻につくことがあるが、タイトルナンバーも最高のダンサーといえる。ホーン炸裂のContemplationや、ややPの入った変態リフ入りのDo It Anyway You Wannaなど、なかなかの楽曲センスだ。
欲をいえばHeaven & Earthでやったスウィートなファルセットナンバーが2曲くらいあれば完璧やったんやけど。

96年にHot ProductionsからCDで販売されている。

[youtube http://www.youtube.com/watch?v=1-04pxoduiI&w=420&h=25]

Author: hiroo

7 thoughts on “Cashmere / Let The Music Turn You On

  1. このアルバム、現場に持って行ってるんですが最近使ってなかったんですよ。
    Light Of The World改めて聴くと良いですね~。今週ヘビロテ決定(笑)。

  2. samnyさん:
    こんばんは。
    ヘビロテ決定ありがとうございます!w
    人気ないアルバムですけど、なにげにいいと再認識しました。
    これって絶対ジャケ買いしないやつやと思うんです 。日本では見過ごされてるでしょうね。
    海外のファンクファンにはLight Of The Worldは人気のようです。

  3. 懐かしいですね~。といっても物心ついていない頃ですが…
    またいい音楽を聞き返して行こうと思います!!

  4. jeansbluesさん
    ごぶさたしております。コメントありがとう!こちらブログは細々延命中です・・・
    さて、Cashmereですが、これ聞いてるひと少ないと思うんです。人気ないというか。
    音的にはいい線いってると思うんですけどねぇ。
    よくお話しさせていただいたJam&Lewisは最近どうしてるんでしょね。The Timeの復活劇はありましたが、またいつしかのようにコーラスグループなどのプロデュースをして欲しいもんです。
    80,90年代は音の宝箱ですね。

  5. はじめまして、3月20日ごろリイシューが発売されるようですよ。
    今Amazonで予約受付中です、このグループ初めて知ったのですが
    Nick Martinelliが絡んでいたんですね納得です!

  6. 匿名さま
    かきこみありがとうございます。
    リシュー!まったく知りませんでした。拝見するとオリジナルジャケットのスリーブですね。これは忠実です。
    Nick Martinelliはなにげにいろんなアーティストに絡んでいますね。スムースなトラックはお手のもんです。
    Cashmereはこっちの盤が全然いいです。

  7. […] Nick Martinelliが製作するダンサーが聞きもの。Don’t Give Me UpなんぞはKashifマナーなニューヨークサウンドで、かっこよさが半端ない。この曲だけでも「買い」だろう。当時ではCashmereなんぞもNickだが最高です。 Nick Martinelliといえばマッタリすかしたスロウも独特なものがあるが、それはI Really Love Youで聞ける。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。