The Braxtons / So Many Ways

 

braxtons

Klymaxx / I’d Still Say Yesを取り上げたからにはこのBraxtonsにも触れとかないとな。
アルバムSo Many Waysの4曲目はI’d Still Say Yes。彼女たちのカバーは原曲に匹敵するメロウネスを醸しだす。
Howard Hewettの役にはA Few Good MenのDemailが。またこのひとのファルセットがHowardを超越するもんだから聞き逃せない。
こちらはBabyfaceの僚友Daryl Simmonsプロデュースだから、原曲に忠実に仕立ててるのは当然かも。
彼女たちはこのナンバーだけでなく、Only LoveやWhat Does It TakeでのAllStar作品では、楽曲との相性が抜群。どこかしらBabyface風味なのが不思議。

Author: hiroo

4 thoughts on “The Braxtons / So Many Ways

  1. 今度はこちら!本当hirooさんR&B好きのツボを突いて下さいますね!これ売れたとか売れないとかじゃなく本当当時よく聴きました!自分的には当時にしては多少地味目ナ感じもするけどよく出来てると思うんすけどね、因みにテイマーさん!この人のボーカル自分結構タイプなんすよね、Silkのアルバムにも参加してたしソロも出したのに・・・でも当時低音のトニーの妹がソロでミニー的高音出した時にはかなりビックリしました!何らかのかたちで是非帰ってきて欲しい人です!っってまあトニーのバックしてるみたいですけど

  2. MURAさん
    当時、TONIもかわいいなと思っていましたが、姉妹似てて皆かわいいなと思いました・・・
    グループとしては短命やったのが残念ですよね。いいプロダクションに囲まれていたのに。売れなかったんでしょうか。
    そういえば、Silkはアルバム出さないのかなぁ。

  3. いやいやコレはほんまええアルバムでした。
    マジで次作を心待ちにしとったんですけどね~
    テイマーのソロはもちろんペロッといっときました。
    しかし美人姉妹っすね~

  4. ezeeさん
    こんにちは。
    なんか地味なアルバムリリースでしたけど、情報仕入れずジャケ買いした記憶があります(笑
    こんなお姿がジャケットですと、手にとってしまいますわ(笑
    しかし、女性グループも然り男性グループは全然リリースされないですね。残念な時代になったもんです。

ezee へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。