Melba Moore / Never Say Never

melba_moore_-_never_say_never

  1. Love Me Right
  2. Keepin’ My Lover Satisfied
  3. Got To Have Your Love
  4. Livin’ For Your Love
  5. It’s Really Love
  6. Never Say Never
  7. Lovin’ Touch
  8. Lean On Me

連休は連休でなくなったので、なんだか体調を崩し気味。緊張感と開放感が交互に訪れて、調子狂うな~。
今日はゆっくりしています。

Melba Mooreが今年のヘビーローテーションになっています。なぜなら必須と云われる80年代の名盤が再発になったから。LPで持っていなかったNever Say Neverをずっと聴いています。なんで、こんなアルバムを早くに買っていなかったんやろうと猛省。素晴らしいアルバムです。もしかして彼女のアルバムの中で一番好きかも。
愛聴していたベスト盤This Is itにはこのアルバムから3曲(1,2,4)入っていて、それぞれのポテンシャルの高さに期待は膨らむばかりでした。
アルバムを通しで聴く。うーん、これは凄い。サウンドの肝ともいえるKashifのブレーンがいい仕事っぷりをしています。LALAとPaul Lawrenceが深く関わっているのですが、二人とも後期のブラコンまったりものより、この時代のダンサーのほうが絶対にいい仕事をしていると思います。
いわゆるHushプロダクションのブレーン以外にDaytonのRahniまで参加。NY系の要人だらけですね。ここまで製作陣を固めることができたのも、彼女がHushの社長の嫁であったということもあったかもしれません。

83年という時代もよかったのでしょうか。楽器が微妙に進化し、わたしの好きなシンクラヴィアが多用されています。楽曲の良さとMelbaの快活で伸びやかなボーカル、これぞケミストリー。
圧巻は5~7のダンサー3連打でしょう。タイトルナンバーを挟むこの3曲、終始、洗練した楽曲に脳天を刺激され、陶酔しながら踊れるナンバーです。

Author: hiroo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。