III Frum Tha Soul / III Frum Tha Soul

iiifrum

昨年、復活したIII Frum Tha Soul。ニューアルバムが発売予定という。R&Bファンにはたまらないプレゼントになりそう。

1stはソウルファンを驚嘆させた言わずもがなの極上アルバム。もちろん好きなんやけど、この2ndも最高や。
当時は日本のみのプレスになってしまったよう。なんでこんな凄い内容やのにUSでプレスされへんのか疑問やった。現在はええのか悪いのかネット配信で皆が聴けるようになったが。

1stから引き続きGerald Levertを製作に迎え、やはり一聴してグレード感のあるナンバーにはすべてクレジットに名を連ねる。なんせ3人と相性がええ。Levert本人がディープシンガーやし、この3人の潜在能力を考えると非常に容易な仕事やったんと違うかな。
1曲目から終始熱く迸るソウルを聴かせてくれるが、やはり11曲目”Denying My Love”が俄然黒い。3曲目”Come On”はKeith Sweat製作だが、もっている喉で訴えかける素性の違いか、Levert作品に比べると劣る内容。といっても駄作なしの必聴盤。

Author: hiroo

6 thoughts on “III Frum Tha Soul / III Frum Tha Soul

  1. 思わずニヤっとするくらい懐かしいですね!あっこんばんわ!この人達かなり重厚ディープでうまっかったんですけどね、やっぱりイマイチ売れなかったんですよね。でも生残ってくれていてうれしいです!

  2. おさむさんも買う?ほんとかなぁ…(笑) 
    日本盤、海外盤のおとな2枚買い願います(笑)

  3. MURAさん
    ディープシンガーは日本では難しいようですね。少しテナー気味の甘い声が人気なのかな。
    ま、うちらはそんなん関係なく応援しまっせ~ですよね。

  4. こんばんわ!この人達インディからもっと前に何かデビューしてたんじゃなかったでしたっけ?これはあてにならない自分の考えですがあと3年くらい早くメジャーデビューできてたらこの人達売れたと思うんですよね。当時期待したんだけどな。

  5. MURAさん
    93年のWhat Cha Missin’しか知らないですね。その前って活動してたんやろか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。