Pleasure P / The Introduction of Marcus Cooper

 

Pretty Rickyで実績を積んだPleasure Pがソロデビューです。
6月9日リリースで”The Introduction of Marcus Cooper”というアルバムタイトル。
本名のMarcus Ramone Cooperという名を使うことによって、俺様主義全開といったところでしょうか(笑)。
先行シングルの”Boyfriend #2″がチャート2位(現在)まで上り、順風満帆のようで。
すっかりPretty Rickyの存在が薄らいだ感じで、なんとも複雑ですね。
多数の制作陣ですが、往年のR&Bファンには嬉しい方もいらっしゃるようです。
Keith Sweat“と”Tank”が曲を提供しているようです。楽しみ!

Author: hiroo

4 thoughts on “Pleasure P / The Introduction of Marcus Cooper

  1. Atlanticですからメジャーですね。
    宣伝にも金がかかっています。現在、FM局行脚中のようですね。
    メジャーらしい今時のアップ満載っぽいですけど。スロウでいいのがあればいいですね。

  2. やっぱりこれって若さですかねぇ、かなり大人っぽくなりましたよね。期待大です!ただひとつTankは人より君が出しなさい!って感じですかね。

  3. 若さ溢れていますね!
    Pretty Rickyのイケイケ路線も若いからできることでしょうし。
    Tank、あの3人組ユニット(Tyrese, Ginuwine, and Tank)はどうなってんでしょうね。アルバム流れちゃったかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。